専門医が勧める避妊方法とは

専門医が勧める避妊方法には、3つの効果的なやり方があります。

まず1つめですが、低用量ピルを普段から飲む方法です。
専用の錠剤を専門医から処方してもらい、毎日コツコツと習慣的に摂取するのがポイントです。
費用は自由診療扱いですので、医院や専門医によって変わりますので、
月々3500円程度で、ピルを飲み続けられますので、それ程手痛い負担にはなりません。
ピルには女性ホルモンを安定させる作用が備わっています。
避妊対策として役立つ利点に加え、肌荒れや生理周期の乱れ、PMSの改善にも重宝しますので、
バイオリズムによる厄介な体調不調に苦しんでいる女性には嬉しい副産物的な効果も体験出来ます。

続いて2つめの方法ですが、こちらは女性ではなく男性が気をつけるやり方で、それはコンビニエンスストアやドラッグストアで販売されている男性用避妊具、いわゆるコンドームを利用する避妊方法です。
性交を始める間際に、勃起したペニスに特別な薄いゴム製品を被せる事で、セックスによる精液の流れ込みを防止します。
ペニスの先端部からはカウパー液と精液が、セックス中、分泌されます。
妊娠のリスクがあるのは精液のみだと思われがちですが、実際はカウパー液にも極小ではありますが、精液が混入されており、危険な時期に、コンドーム無しのセックスをすると、望まぬ妊娠に至る危険が出て来ますので、女性はキチンとコンドームの利用を男性側に依頼しましょう。

そして3つめの避妊対策ですが、基礎体温による妊娠回避法となります。
女性の体はいつでも妊娠するわけではありません。
排卵日と呼ばれる特別な時期に限り、高い確率で妊娠し、その時期さえ外せば、そうそう数回のセックスで妊娠する事はないです。
道具や薬に頼りたくない女性に対して、専門医は基礎体温表による避妊を進めており、
今では体温を入れる事で簡単に排卵日が調べられる便利なアプリもあり、既に活用が進んでいます。

★トリキュラーで避妊をしましょう
トリキュラー
★ピルで避妊するなら自分に合った避妊薬を選びましょう
様々な経口避妊薬があります